RFI解説

RFI

ほぼ損失なしの投資方法をご存知でしょうか?

「RFI」って何?

今回紹介するのはRFIというプラットフォームを使った投資方法です。
RFIとは、米国金融犯罪取締規制当局(FINCEN)からの認定を取得しているプラットフォーム(取引所)です。

日本で立ち上げられたのは2023年7月で、現在日本には約10万人以上のメンバーがいます。
現在は170ヵ国以上に約1200万人のメンバーがいます。

RFIと呼ばれる国際的なプラットフォーム(取引所)では毎日取引を行っています。
こちらは仮想通貨ではなく、国際先物取引を行う投資方法です。

利益の仕組みは?リスクはあるの?

RFIでは複数の企業が共同企業体と組んでいて、
その企業の巨額資金を持つ投資家、ヘッジファンドがいます。

彼らが膨大な資金を取引することによって、
市場に一時的な影響を与えることができます。

その時の情報をRFIは事前に受取り利益を出すことが出来ます。
資本家に従っているため、損失はほぼゼロに等しく、低リスクでリスクで利益を出せる仕組みです。

どのくらい稼げるの?

1回の取引で資金の約3~5%の利益が出るので、
これを毎日続けて複利効果で資金、利益が増え続けていきます。

例:50ドル(約7500円)から始める ⇒ 1年後には6万ドル(約900万円)になる

最低入金額はなんと50ドル(約7500円)です!
7500円からスタートできる投資です!

早く稼ぎたい人は金額を増やす方もいらっしゃいます。
資金が多いほうが当然利益は多いです!
自分に合った金額からスタートしましょう。

エビデンスはありますか?

これは先日のリアルトレードの結果です。
黄色枠の5654.8ドルが当日の損益です。
日本円で約85万円です。

緑色枠は注文損益で、それから桃色枠の手数料を差し引くと、黄色枠の実際の損益となります。

この日がたまたま良かったというわけではありません。
毎日この結果が出るので珍しくも何ともありません。

実際の取引結果はグループにご参加いただければ、
メンバーのリアルな取引結果を御覧いただけます。

当然同様の結果になりますので、勝ち報告しかありません。
資金によって利益は異なります。

正直、勝った負けたは何のエビデンスにもならないと個人的には思います。
手元にお金が入って、初めて投資が成功するからです。

では実際に手元にお金が入っているかどうかのエビデンスを提示させていただきます。

signal

signal

signal

いかがでしょうか?
実際にBybit経由で出金した画像となります。

取引方法は?

取引はすごく簡単で、PCが無くスマホしか持っていない方でもご参加いただけます。

参加登録をしていただき、取引可能な状態になりましたら、専用のグループチャットに入っていただきます。
メンバーにお金を請求することはありません。
無償でシグナルを届けてくれます。

signal

事前に本日の注文情報(シグナル)がグループに送られてきます。

メンバーはそのシグナルに沿って、1日1回、5分間の取引を行います。
シグナルの精度は高く、自信で取引(時間帯やエントリー方向)を間違えない限りは確実に利益を出すことが出来ます。

具体的な内容としては、記載してある注文時間に
注文方向(BUY、またはSELL)を選択し
注文数量(ロット)を入力し、注文するだけです。

決済時間も記載してあるので、決済時間になったら注文を閉じて利益を確定させてください。
1日たったの5分から10分の作業で終わります。

忙しい方は、注文予約も可能です。

実際私も半信半疑で始めましたが、これが本当に凄いです!

始めるなら今しかありません!

取引開始までサポートは以下の公式LINEで行っておりますので、いつでもお気軽にご連絡ください。

参加申請&サポートはRFIサポートLINEまで
https://lin.ee/TIjlz4S

TOP